ユニセフがブロックチェーンを導入へ! ブロックチェーン業界の最新情報を見逃すな!

Sponsored Link

どうも、忍者でござる。

 

今日も潜入任務で町へ出ているぞ

ん?あそこでこそこそやっているのは、、、よし聞きに行こう

怪しい人物A

最近は大手の企業でもブロックチェーン技術を取り入れるところが増えてきているな。

怪しい人物B
聞いたか?あのユニセフも採用を検討しているのだとか

怪しい人物A

本当か?とうとうブロックチェーンも公に知られるようになるな。

怪しい人物B

これからも採用していく企業などが増えていくだろうな。

ふむふむ、、、あのユニセフがブロックチェーン技術を採用とな?
これは面白い。早速調査に向かおう!

Sponsored Link

ユニセフとは

皆さんご存じだとは思うが、念のためユニセフの簡単な説明を行うぞ!

国際連合児童基金(こくさいれんごうじどうききん、United Nations Children’s Fund)は、1946年12月11日に設立された国際連合総会の補助機関。本部はニューヨークに置かれている。略称はUNICEFユニセフ[1]

日本は、1949年から1964年にかけて、主に脱脂粉乳や医薬品、原綿などの援助を受けた[2]。当時は日本も主要な被援助国の一つであった。

緊急援助が、行き渡るのにしたがって次第に活動範囲を広げて1953年に正式名称が現在のものに変更された(略称はUNICEFのまま)[2]開発途上国戦争内戦で被害を受けている国の子供の支援を活動の中心としているほか、「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」の普及活動にも努めている。

かつては、物資の援助中心の活動であったUNICEFであるが、生活の自立がなければ無限に援助しても状況は変わらないとの発想のもと、親に対する栄養知識の普及などの啓発活動にも力を入れている。

参照:ユニセフ wikipedia

 

「児童福祉のためのユニセフ」として有名だな!
実はユニセフは「将来的に児童福祉のためになるプロジェクトのための投資」も行っている

今回は「ブロックチェーン技術」に白羽の矢が立ったわけだな!

 

ユニセフは過去にも投資を行っていた!

じつはユニセフは過去にもブロックチェーン技術に投資を行っていたのだ!

ユニセフ(国連児童基金)は、本日、接続性やリアルタイムのデータ収集、識別認証技術および、学習などを改善するための手法を含むオープンソースの技術ソリューションに対する、初の投資プロジェクトを発表しました。

初回の投資は、2017年中にさらに20から40社の企業への投資も視野にいれて、下の5社のスタートアップによるプロジェクトに対しておこないます。

  • 9Needs (南アフリカ): ブロックチェーンと識別認証技術の進歩を駆使し、より良い乳幼児期のケアと教育(ECD)の管理システムを構築する。

参照:ユニセフ 投資

なんと。この声明は2016年に出されたものなのだが、この時点でもう「ブロックチェーン技術」に目をつけていたことになる。
世界のトップはその可能性に早くから気づいていたのだな!

Bit博士

ブロックチェーンの使用用途の大きなものの1つが「仮想通貨」じゃ。ぜひみんなも通貨を扱いながら勉強してみてはどうじゃ?

  • BitFlyer セキュリティー面では最高品質。まずはここじゃ!保証制度もあるぞ。
  • CoinCheck わかりやすさNo.1!多くのコインを取り扱い。
  • Zalf 国内最多のコインを扱っておる。マニアックなコインを扱っておるぞ!

日本ではまた取り扱いのない通貨を手に入れたい君はBINANCEがおすすめじゃ。

 

今回の投資案件

それでは今回のユニセフの投資案件とはどのようなものなのだろうか?

The United Nations Children’s Fund (UNICEF) is seeking to invest in early stage blockchain startups with the potential to help children across the globe.

In an announcement today, the U.N. program said it is offering equity-free investments of $50,000–90,000 to seed-stage startups developing solutions on open blockchains in areas including smart contracts, tokens, mining and data analysis.

参照:coindesk unicef announce

要約すると
「ユニセフは世界中の子供たちを救うポテンシャルのあるブロックチェーン技術を用いたプロジェクトのスタートアップの初期段階などに約500万円から900万円投資を行う意思を見せている。」
とのことだ。

かつユニセフのインオベーション・ベンチャー・オフィスの責任者のChris Fabian氏は以下のように述べている。

分散型元帳技術を革新的で画期的な方法を拡張性があり、世界的に適用可能な方法で使用している企業に興味があります。

私はブロックチェーンを使用する未来はすぐそこにあると信じています。

ビットコインブロックチェーンは分散型元帳により中央的な業務を行うことができるのですから。

参照:coindesk unicef announce

 

おお。ユニセフの投資部門のトップがこのような発言をしているとなればかなり注目を集めそうだ!

Git

ブロックチェーンについてもっと知りたいならこちらの記事だ!

番外編 ブロックチェーン技術の無限の可能性についてまとめてみた。

 

 

Sponsored Link

まとめ

どうだっただろうか。

教育とブロックチェーンの融合は各地で行われようとしているがなかなか実用にまでは至っていない。これを機にこの分野でのブロックチェーン使用の活性化が起こることを祈っているぞ。

今回の任務はココまでだ。みんなここまで読んでくれてありがとう!

注目のアルトコイン最新記事じゃ。

Bit博士

まだビットコインを持ってないだって? そんな君はまずは好きなのを選んで登録してみよう!

  • BitFlyer セキュリティー面では最高品質。まずはここじゃ!保証制度もあるぞ。
  • CoinCheck わかりやすさNo.1!多くのコインを取り扱い。
  • Zalf 国内最多のコインを扱っておる。マニアックなコインを扱っておるぞ!

 

日本ではまた取り扱いのない通貨を手に入れたい君はBINANCEがおすすめじゃ。

 

ビットコインが半永久的に手に入るBitClubに参加しよう!

BitClubのシステムの解説こちらから。

ビットクラブ

BitClubのおすすめプランの解説こちらから。

ビットクラブ

始めたい方、ご質問がある方は、お問い合わせフォームまでお気軽にどうぞ!

Facebookでも情報を流しておるぞ! いいね!待っておるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)