RubyのBitcoinマイニング日記 12日目 初のマイニング収益が入ってきた

RubyのBitcoinマイニング日記12日目

Sponsored Link

こんにちは、うんちのRubyです~

うんちのRubyアイコン

PythonにBitcoin投資を教えてもらって2週間ちょっと、ついにRubyにもマイニング収入が入ってきました! マイニングでGetした新鮮ホヤホヤのBitcoin、感慨深いですね~ やはり働かずにお金が入るって素晴らしい! さて、Ruby初の収入はいくらなのか?

Sponsored Link

Ruby1の採掘機(プール)がマイニングを開始

さて、本日の収益はいくらだったのか、今日の昼過ぎにとったスクショを載せるよ。

おお!マイニング収益で0.00056BTC入ってきた! ちなみに、現在のレートがBTC/JPY=275,205なので、日本円に直すと約154円である。うまい棒を14本買ってもお釣りが来る。

…少ないと思ったそこのキミ、ちょっと待って欲しい。ぼくがこの採掘機(プール)に突っ込んだ金額は登録料込みで$600、約7万円である。それに対して、この採掘機が1000日間同じペースでマイニングをすると仮定すると…

154(円/日)×1000(日)=154,000(円)

つまり、このままのペースでほったらかしにしても、この採掘機が稼働を終える頃には約8万円の黒字となるのだ。だが、これだけでは終わらないのがBitClub Networkのすごいところ。

マイニング収益の一部を再投資して、ミニ採掘機を量産していく

BitClub Networkでは、マイニングで得られた収益を積み立てて、新たな採掘機の購入に当てるシステムになっている。$500の採掘機でマイニングしている場合、積み立て額が$10に達したら、その分の能力を持ったミニ採掘機を購入することになる。収益のうち、どれだけを再投資に当てるのかは、50%~100%の範囲で自由に設定が可能だ。

ちなみに、ぼくもPythonも、現在は収益の全てを再投資に当てる設定にしている。(再購入率=100%だね)

Bit博士
BitClub Networkでは、採掘機の能力の事を”シェア”と呼んでおるぞ。例えば$500の採掘機のシェアが1.5のとき、この採掘機は$750分の採掘能力を持っておる。$2000の採掘機のシェアが2のときは、$4000分の採掘能力を持っておるということじゃな

つまり、放っておくとドンドン採掘機の数が増えていくので、加速度的にマイニング能力が上がっていく。数学に強い人なら、指数関数的に能力が上がっていくと説明すれば、この凄さがわかるよね? 金融に強い人なら、複利で増えていくと説明するとわかりやすいかな?

しかもこのミニ採掘機、それぞれが作られた時点から1000日間稼働するのだ。BitClub Networkがマイニングに成功し続け、配当が無くならない限り、無限に採掘機が作られ続ける。そして配当は増えていく。

え?そんな美味しい話、やっぱり怪しい…ことはない?

確かに、放っておくとマイニング能力が複利で指数関数的に増えていくって、いくらなんでも話がうますぎる。楽して金儲けできるほど世の中甘くないぞ! と思うかもしれない。

けど、よく考えてみてほしい、複利で指数関数的に増えていくのは、収入ではなく、あくまでマイニング能力だ。能力を上げることにこだわりすぎて、収益を全部再投資につぎ込んだのでは、BitClub Networkの計算能力が上がるだけで、ぼくは1銭も儲からない。また、再投資や配当に使われるお金の出処は、マイニングによって新規発行されたBitcoinだ。つまり、BitClub Network側は全く損をしないのだ。

しかも、マイニング収益のうち、最低でも50%は必ず採掘機の再購入に当てることになっている。顧客だけが儲かって事業者が潰れるということは起きないように設計されているのだ。また、現在BitClub Networkはアメリカからの新規登録を受け付けていない。このことからも、無尽蔵に顧客を増やしすぎて配当が払いきれない、という事態にならないように運営していることがわかるだろう。

というわけで、紹介報酬を使ってミニ採掘機を購入した

というわけで、Rubyはまずはどんどん採掘機を育てたいので、Ruby2の紹介料をミニ採掘機の購入に使った。ミニ採掘機は、0.01BTC単位で購入することが可能なので、自分のペースで投資していける。

現在のRubyの採掘機のシェアは以下のようになっている。

プールのシェア1.0461

合計1.0461のシェア、つまり$500×1.0461=$523分の採掘能力のマシンを運用していることになるね。 あんまり変わらないと思うかもしれないが、長期で運用するときっとこの差は大きくなると思うよ。Ruby細かい計算は苦手だから、そーゆーのはPythonに丸投げしちゃおう。Pythonよろしくね。今度飲み屋でもおごるよ(笑)

Sponsored Link

RubyのBitcoinマイニング日記 12日目 まとめ

現在の収支一覧はこんな感じ。収入欄に数字が入るのって嬉しいよね。

さて、投資額14万円、どれくらいで回収できるかな~ まずは元本回収を目標に頑張ります!(頑張るのはBitClubのコンピューターで、ぼくは何もする必要ないんだけどね!)

そういえばPythonは80万も突っ込んでたけど、どこからそんな大金引っ張ってきたんだ…? ボーナスにはまだ早いぞ?

注目のアルトコイン最新記事じゃ。

Bit博士

まだビットコインを持ってないだって? そんな君はまずは好きなのを選んで登録してみよう!

  • BitFlyer セキュリティー面では最高品質。まずはここじゃ!保証制度もあるぞ。
  • CoinCheck わかりやすさNo.1!多くのコインを取り扱い。
  • Zalf 国内最多のコインを扱っておる。マニアックなコインを扱っておるぞ!

 

日本ではまた取り扱いのない通貨を手に入れたい君はBINANCEがおすすめじゃ。

 

ビットコインが半永久的に手に入るBitClubに参加しよう!

BitClubのシステムの解説こちらから。

ビットクラブ

BitClubのおすすめプランの解説こちらから。

ビットクラブ

始めたい方、ご質問がある方は、お問い合わせフォームまでお気軽にどうぞ!

Facebookでも情報を流しておるぞ! いいね!待っておるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)