今最もアツイICO 「コダックコイン」の最新情報

Sponsored Link

どうも、忍者でござる。

 

 

今日は久々に都へと出張に来ておるぞ。

町も賑わっていて商売人も多くいるようだ。

ん?あそこの影でこそこそ話しているのは・・・よし、少し観察してみよう。

 

怪しい人物A

やはり都はいいぜ。いい品物が手に入りやすい!

 

怪しい人物B

ココでも結構違法な商品が出回っているな。

聞いたか?超有名企業による「芸術の著作権を守るための仮想通貨」が出来るらしいぞ。

 

怪しい人物A

聞いたことあるぞ。コダックだろ?そうだとすると違法商品がこれからは出回りにくくなるかもな・・

 

怪しい人物B

うちのボスもかなり焦っていたな・・

 

ふむふむ。「著作権を守るためのプラットフォーム」が出来るとな?

これは面白い。以前から「ブロックチェーン技術」の可能性について紹介してきたが、予想していたとおりの流れになっているな。

それにしてあの「コダック」が作るとなると業界にかなり大きな変革が起きそうだ。

よし、今回は「コダックコイン」について調べて見るぞ!

 

Sponsored Link

コダックとは

 

非常に有名な会社なのでご存じの方が多いとは思うが、簡単に紹介しておこう。

 

イーストマン・コダック英語Eastman Kodak Company)は、アメリカ合衆国に本拠を置く世界最大の写真用品(写真フィルム印画紙、処理剤)メーカーである[2]。一般的にはコダックの略称で知られている。

世界で初めてロールフィルムおよびカラーフィルムを発売したメーカーである。また、世界で初めてデジタルカメラを開発したメーカーでもある。写真関連製品の分野で高いシェアを占めることで知られるほか、映画用フィルム、デジタル画像機器などの事業も行っている。

参照:wikipedia kodac

 

日本支部ももちろん存在し、昔からカメラなどでは日本を牽引してきたメーカーの内の一つだな!

しかしながら2012年に事態は一変する。

参照:wikipedia kodac

なんと世界屈指のカメラメーカーとして名をはせていたコダックが倒産してしまったのだ。

しかしながら会社の軌道修正などを行い2013年には再びNYSEに上場。

ビジネスの谷と山をいやと言うほど知っている企業だな!

 

コダックコインにより株価が急騰!

 

コダックコインの説明は下で行うが、まずはコダックコインの発表があった時のコダックの株価の変化を見てもらおう。

参照:ロイター コダック

なんと株価が一時は約3倍にまで急騰

その後は少し落ち着いたものの、かなり大きな上げとなった。

「古豪のコダック」の復権となるかにみんなが注目していると言うことだろう。

 

Bit博士

ICOではコインの株価が短期間で急騰することが珍しくない。

しかしながら全く中身が伴わないコインも存在する。日々の情報収集が必須じゃ。

以下のページでわしらが「これはいいコインだ」と思ったもののみを紹介しているので是非チェックしてみてくれ。

テクノロジーから見て「これは使える(上がる)コインを紹介するよ!」ページ

 

コダックコインの概要

 

それではコダックコインの説明に入ろう!

まずはコダック公式からの発表を見てもらおう。

本日、コダック及び同社とライセンス契約を交わしたWENNデジタルは、画像の著作権管理プラットフォーム「KODAKOne」と料金決済に使用できる仮想通貨「KODAKCoin」を立ち上げ、写真家と代理人による著作権管理の強化を支援していくことを発表しました。

KODAKOneプラットフォームは、ブロックチェーン技術を活用した、暗号化されたデジタル元帳として著作権を管理し、写真家はここに新作を含めた自作品を登録して、このプラットフォーム内でライセンス供与できるようになります。また、KODAKCoinを使用すれば、参加する写真家は、作品販売後直ちにライセンス料を受け取ることができ、プロ、アマチュアを問わずブロックチェーン技術を使用した安全なプラットフォームで作品を安心して販売できるようになります。これはまさに画像の無断利用を追跡する「写真のニューエコノミー」というべきものです。KODAKOneプラットフォームは、KODAKOneシステムに登録された画像の知的財産権を監視し守るために、非合法的な使用を行うWebサイトを不断にスキャンします。ライセンスなしでの使用が発見された場合には、効率的にライセンス関連処理を行い、写真家が正当な支払いを受けられるようにします。

参照:kodac japan ホームページ

 

ふむふむ、、、なかなか面白いプロジェクトだな。

ブロックチェーンの可能性を徹底解説したページにも書いてあったとおりのプラットフォームだ。

これを少し解説するぞ。

 

コダックコインで出来ること

 

コダックコインの目的は大きく分けて二つだ。

一つ目は「アーティストを守ること」

二つ目は「よりスムーズな取引の実現」

それぞれどういったことなのか?これからまとめていくよ。

 

アーティストを守る

 

これについては今回コダックと共同関係を結んだWENNデジタルのCEOジャン デネッケ氏の発表を見てみよう。

「新しいプラットフォームを利用するにあたっては、写真家の作品と収入が安全かつ信頼のおける状態で管理されることが絶対条件になりますが、KODAKCoinがまさしくこれを実現しました。KODAKCoinはきわめて厳格なコンプライアンス基準に則り、安全な著作権管理プラットフォーム上で写真家に公正な支払いがなされるようするための『ニューエコノミー』の基盤を提供します」

参照:コダック ホームページ

 

著作権管理で重要になるのが「情報管理の精度」

これは高ければ高いほどいいが実際にはコストも大きくなってしまうためどうしても管理が甘くなってしまうことが多い。

そこで登場するのが「ブロックチェーン技術」。

「情報管理の精度」と「コストカット」の両立を実現する最善策というわけだな!

 

ちなみに以前から社会問題になっているのが「違法アップロード」や「違法ダウンロード」

これに関して様々な対策がなされようとしているが、まだまだ十分に環境が整っているとは言えない。

その「違法行為」によって例えば日本においては「漫画家」や「イラストレーター」が非常に厳しい環境に身を置くことがやむなしとなってしまっている。

それを「ブロックチェーン技術」を導入することにより「生み出された作品がどこへ行ったのか」をくまなく追跡できるようにして「違法行為」のえさにされないようにする。

それをまずは「写真」の分野で実現しようというわけだ。

これは「著作権保護のためのブロックチェーン技術の使用」を実行する有名企業の先駆者になるのではないかと言われてもいる

プロジェクトの成功を心から願っているぞ。

 

よりスムーズな取引の実現

 

これは今回の発表でのコダックの最高経営責任者(CEO)ジェフ クラーク氏の発言を読むとよく分かるぞ。

「『ブロックチェーン』と『仮想通貨』は、テクノロジー業界の多くの人々にとって注目の流行語ですが、作品とその使用方法を管理するのに長年苦心してきた写真家にとっては、解決不可能と思われてきた問題を解決するための鍵となります」

「コダックは、写真を民主化し、写真家にフェアな形でライセンス供与が行われる道を常に模索してきました。今回の技術は、これを実現する革新的で簡単な方法を写真家コミュニティに提供するものです」

参照:コダック ホームページ

 

上記でも書いたが、ブロックチェーン技術の強みは「大きなコストカットを行えること」

これによりリソース「よりユーザーが使いやすくなるように」するための仕事に割くことが出来る

また、ブロックチェーン技術により自動化することにより煩雑な手続きも省略することが出来る。

まさしく期待のコインというわけだな。

 

コダックコインのスケジュール

 

さて気になるコダックコインのスケジュールだが、公開は1/31日となっている。

 

KODAKCoinの新規仮想通貨公開は2018年1月31日に開始され、米国、英国、カナダ及びその他の国の適格投資家を対象に行われる予定です。

参照:コダック ホームページ

 

残念ながらリリース直後は一般の人々は購入することが出来ないようだ。

しかしながら注目を集めること間違いなしのコインなので最新情報は常にチェックしておくべきだな!

最新情報を得るためのメールマガジン登録が公式サイトにあったので紹介しておくぞ。

 

Bit博士

ICO情報キャッチしてもそれから取引所を開いていては後の祭りじゃ。

きちんと前もって取引所の準備を行おう

「これだけは持っておくべき!」という取引所をまとめ、口座開設までを徹底解説したので是非読んでくれ!

「今持っておくべき取引所4選! これさえ持っておけば大丈夫な取引所まとめ」

 

Sponsored Link

まとめ

 

どうだっただろうか。

ここ最近では拙者が書いたCOMSAがICOによりなかなかの値上がりを見せている。

コダックはCOMSA以来の大きなICOになるかもしれない

ダックコインはかなり大きなポテンシャルを秘めていると思うのでこれからもチェックしていくぞ。

さて、拙者も任務に戻ろう。また次の任務で会おう。

ここまで読んでくれてありがとう!

注目のアルトコイン最新記事じゃ。

Bit博士

まだビットコインを持ってないだって? そんな君はまずは好きなのを選んで登録してみよう!

  • BitFlyer セキュリティー面では最高品質。まずはここじゃ!保証制度もあるぞ。
  • CoinCheck わかりやすさNo.1!多くのコインを取り扱い。
  • Zalf 国内最多のコインを扱っておる。マニアックなコインを扱っておるぞ!

 

日本ではまた取り扱いのない通貨を手に入れたい君はBINANCEがおすすめじゃ。

 

ビットコインが半永久的に手に入るBitClubに参加しよう!

BitClubのシステムの解説こちらから。

ビットクラブ

BitClubのおすすめプランの解説こちらから。

ビットクラブ

始めたい方、ご質問がある方は、お問い合わせフォームまでお気軽にどうぞ!

Facebookでも情報を流しておるぞ! いいね!待っておるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)