COMSA—最新のICOプラットフォームで便利に資金調達!

Sponsored Link

どうも、忍者でござる。

最近、また巷で仮想通貨が賑やかになっておるな! 次から次へと新たな通貨が発行されようとしており、どれに着目すれば良いのかがわかりにくくなっておる、、、 とうわけで、今回は今最もアツイ新規の仮想通貨の一つである「COMSA」についてわかりやすく紹介するぞ!

Sponsored Link

COMSA(CMS)って何?

COMSAとは、日本語の「塊」と「鎖」という、ブロックチェーンから由来する造語なのだ。 実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を手がけるものであるぞ! またこれはICOによる企業のスタートアップを手伝うものであるのだが、ICOによる資金調達は不特定多数の人々から投資を募ることが出来るため、しっかりとした強みを持っている企業にとっては非常に効率よく資金調達が出来るシステムなのだな!

COMSAはなぜ注目されているのか?

何か新しい事業を行いたいと思うときには、ネックとなっていたのは「資金調達」であることが多いと思う。これからの時代には資金調達の手段の一つとして、その会社独自の貨幣を作成することが考えられるようになると思う。

そこでICOがより活発になってくると思われるが、そのICOをより企業が行いやすくする仕組みを提供しようとしているからなのだ! 以下に企業がサポートしてもらえるリストを示すぞ!

  • ブロックチェーン技術、特にトークンを用いたビジネスプランとサービスデザイン。
  • 既存ビジネスにおけるアセットのサイバースペース上でのトークン化。
  • ICOとトークン化におけるリーガルサポート。
  • 他言語のホワイトペーパー作成。
  • クラウドセールプラットフォームを用いたトークンの作成と販売。
  • Zaif取引所でのマーケット提供。
  • オンプレミスもしくはクラウドBaaS環境での、内部勘定システムのためのプライベートブロックチェーンmijinの提供。
  • NEMパブリックブロックチェーン上で、法定通貨建てと主な暗号通貨建てでの商取引を可能とする、ネットワークフィー委任サービスとペッグされたトークンの提供。
  • NEMブロックチェーン上でのスマート・サイニング・コントラクトの開発。
  • Ethereumブロックチェーン上でのスマート・コントラクトの開発。

COMSAのプラットフォーム全体が完成した暁には、既存と新規のICO案件に対して、上記に加え以下のサービスをソリューションの一環として提供します:

  • COMSA COREのインテグレーション。
    パブリックブロックチェーンとmijinのプライベートブロックチェーンとを接続しペッグするためのCOMSA HUBのインテグレーション。

参照 https://comsa.io/ja/ico-solution

うむ、、、充実のサポートだな! これからはブロックチェーン技術の応用もより活発になっていくのは間違いないだろうし、そのスタートアップを手伝ってもらえるのは良いな!

COMSAはどのようにして生まれたのか?

参照https://comsa.io/ja/ico-solution

上記の表は、ICOを行う企業が踏んでいく段階を表したモノだ!

一般的なICOの流れ

1.Preparation(準備)

これはICOに向けての様々な作業が含まれるな! ここでは、多くの企業は技術的、法的な問題に頭を悩せることになる この問題を解決理、よりスムースにICOを行えるために生まれたのがCOMSAというわけだな!

2.ICO

これは通貨の発行と言うことだな! ここで一安心だが、ここからが正念場となるぞ!

3.Listening(トークン上場

おそらくここで頭に疑問符が浮かぶ人が多いであろう! まずトークンについて簡単に解説するぞ! 

トークン

  プログラミングでは、ソースコードを解析する際にそれ以上細かい単位に分解できない文字列の並びの最小単位(要素名や演算子など)のことをトークンという。

参照 http://e-words.jp/w/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%B3.html

実は仮想通貨において用いられている「トークン」という単語は厳密に定義されていないのだ。 

そこでこれからは仮想通貨の話をする際において「トークン」という単語が指す意味を、

ブロックチェーン技術を用いて作られた通貨

として話を進めていくぞ! このように考えておけば混乱は避けられるはずじゃ!

つまり、トークンの上場は通貨を取引所で扱ってもらえるようにすることであるということだ!

4.トークンの活用

これは通貨が日常生活で使われるような場面を考えてもらえば良いな。交換の手段にも成ったりと、通貨のような役割を担うぞ!

5.価値の最大化

これは株をイメージしてもらうと良いな! 株の価値を高めるには、結果を残したりして社会に認められていく必要がある 同じように、自社のトークンの価値を高めるにはその会社に価値が見いだされるように経営を行っていく必要があるのだな!

COMSAが達成したい目標

背景世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICO(Initial Coin Offering – 仮想通貨発行による資金調達手法)による資金調達総額が、ベンチャーキャピタルにより大幅に上回りました。そのような中、7月25日に米SECがThe DAOが金融商品に該当しうると発表し、ICOの法的なポジションも国際的にクリアになることが予想され、ICOを実施する企業にはますます綿密な設計が必要となります。

一方、多くの企業がICOを希望するものの、基本となるブロックチェーン技術の導入には様々な問題がつきまといます。その中の一つとして、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティであり、会計上や監査上の様々な煩雑さを引き起こしています。そして期待とニーズに、既存のソリューションが対応しきれていなかったのが最も大きな障壁となっていました。

参照 https://comsa.io/ja/

つまり、これからますます大きくなる仮想通貨市場においてその数がますます増えるICOを企業がよりやりやすくしようというのが目的なのだな! 先ほども言ったように、ICOは企業のスタートアップの標準形の一つとなることは明らかである。

現在ではまだ法整備や、そのシステムが明確になっていないため、どうしても各々の裁量次第といった風になってしまっていた。

しかし、これによりICOがより明確なルーティーンをこなすことにより行うことが出来るようになるため、企業にとっても非常に嬉しいことがわかるな!

COMSAの協議会のメンバーが半端じゃない!

実はCOMSAは日本初のトークンなのだが、その参加メンバーが尋常じゃないのだ!

参照 https://comsa.io/ja/#team

どうだろうか? あらゆる分野のエキスパートが大集結だな! これからもCOMSAに対する力の入れようがうかがわれるな!

COMSAを購入するには

COMSAは10/2にトークンのセールを行う! そして、そのセールまでには紹介をすればする程報酬が入るキャンペーンをおこなっているぞ!

登録は簡単で、メールアドレスとパスワードを入力するだけ この段階ではCOMSAを購入する権利を得るだけで、実際に購入するかはまた考えれば良いぞ!

登録はCOMSAホームページから! 一分もかからずに終わるぞ!

Sponsored Link

期待がかかる仮想通貨:COMSA

従来ならば、企業は資金集めに苦労し、そのポテンシャルを発揮できないことも多々あったが、COMSAによりその効率が飛躍的に上昇することが考えられる。

投資者も一般人にも枠が開かれ、企業に投資することが少額から可能になることが期待される。

企業と投資者の双方にメリットをもたらすCOMSAにこれからも目が離せなさそうだ!

 

 

注目のアルトコイン最新記事じゃ。

Bit博士

まだビットコインを持ってないだって? そんな君はまずは好きなのを選んで登録してみよう!

  • BitFlyer セキュリティー面では最高品質。まずはここじゃ!保証制度もあるぞ。
  • CoinCheck わかりやすさNo.1!多くのコインを取り扱い。
  • Zalf 国内最多のコインを扱っておる。マニアックなコインを扱っておるぞ!

 

日本ではまた取り扱いのない通貨を手に入れたい君はBINANCEがおすすめじゃ。

 

ビットコインが半永久的に手に入るBitClubに参加しよう!

BitClubのシステムの解説こちらから。

ビットクラブ

BitClubのおすすめプランの解説こちらから。

ビットクラブ

始めたい方、ご質問がある方は、お問い合わせフォームまでお気軽にどうぞ!

Facebookでも情報を流しておるぞ! いいね!待っておるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)