新時代の通貨”ビットコイン(Bitcoin)”って何?

  1. 最近、”仮想通貨”とか、”ビットコイン”というフレーズを目にする方も多いと思います。

この記事では、新時代の仮想通貨”ビットコイン”の概要をお話します。今日からあなたもビットコインマスター!

ビットコインって何?

ビットコインとは、一言で説明するならば形のないお金です。そしてブロックチェーンというインターネット以来の革新的な技術で動いています。

これだけだと不安ばかりじゃな。これからしっかりと説明ゆくぞ。

今までの通貨は実物の紙幣、硬貨が存在する

ビットコインと今までの通貨を比べて見ましょう!

私達が普段目にする通貨は、現実世界に形として存在しています。たとえ銀行に預けていても、キャッシュカードと十分な預金残高があれば、いつでも実物のお金(紙幣・硬貨)を引き出すことができますね。

ところが、ビットコインは現実世界に形を持ちません。

手持ちのスマートフォンやPCで残高を確認する事はできますが、実物の紙幣、硬貨を引き出して手に取ることはできないのです。
「えっ? 実際に保管できないなんてどこで悪さされるかわからない!怖い!」そう思った貴方、ちょっと待って下さい。

実はこのビットコイン、ブロックチェーンという技術のおかげで、今僕達が使っているお金よりも安全に保管することができるんです!

ビットコインの安全性については、後ほど解説いたしますが、気になる方は下の記事を読んでみてください。

準備中です。。。

 

ビットコインは国籍を持たない

ビットコインには、国籍がありません。 

通常、お金(通貨)と言うものは必ずどこかの国家・地域と結びついています。円なら日本、USドルならアメリカ、ユーロはEUなどなど。

ですが、ビットコインの発行は世界各地で行われています。つまり、特定の国家・団体に依存しない通貨なのです。ビットコインの新規発行は”マイニング(Mining)“という行為によって行われます。

マイニングについての詳しい説明はこちら

 

“電子マネー、クレジットカード”とは全く別物

ビットコインは、よく電子マネー(Edy,Quickpay,IDなど)と誤解されますが、完全に別物です。

電子マネーは日本円を入金してチャージし、取引自体も日本円で行います。つまりは日本円をデータ化したものといえます。
ですから、ある日チャージしておいたEdyの残高が5000円から10000円になった。なんてことは起こりえません。

ところが、ビットコインはそれ自体が独立した通貨であるため、日本円に関係なく値動きをします。ある日チャージしておいたビットコインの価値が5000円にも10000円にもなりうるのです。詳しくはこちら

 

ビットコインを支える技術

最初にチラッとでてきましたが、ビットコインは、インターネット以来の革新的な技術といわれているブロックチェーンという技術をベースに動いています。

ブロックチェーンとは何なのか?

非常に簡単に説明すると、ブロックチェーンとは「ビットコインの取引記録」といえます。

誰から誰かにビットコインが送られると、その履歴がすべてブロックチェーンに記録として残ります。

 

理系の君ならビットコインの凄さがすぐに分かるだろう。(Github, C++・・・)

準備中です。。。

簡単にまとめると、

ビットコインというのは、革新的な技術であるブロックチェーンをはじめて採用したものです。

ビットコインの取引をブロックチェーンへ書き込んでもらうために、マイニングというものを導入し報酬を設定することで、人々にマイニングすることを促しているんです。

 

ビットコインの可能性

先程ビットコインは形を持たない、ビットコインは国籍を持たないと書きましたが、このことが非常に大きなメリットをもたらします。

スマートフォン一つで決済

ビットコインは形を持たず、全ての取引がインターネット上で管理されているため、スマートフォン一つあれば決済が可能となります。このあたりは電子マネーと同じですね。

わしも電子マネーIDを使っとるが、財布を取り出さずに会計できるお手軽さは一度味わうと忘れられぬな。そう初恋のヨシ子のようにな。

ビットコインでも同じような感覚で決済が可能です。

世界中で取引可能

ビットコインは国籍を持たず、全ての取引がインターネット上で管理されているため、世界中で取引が可能となります。

海外旅行の前に高い手数料を払って外貨両替する必要も、他国への送金時に銀行から莫大な手数料を取られることもありません。世界中と日々取引をするような企業が、こぞってビットコインを導入し始めるかもしれません。

政治的リスクの排除

ビットコインは全世界で同時に発行・使用されているため、ある国家、ある地域の政治情勢に左右されません。

現在の通貨は国ごとに発行・管理されているため、発行元の国が政治的に不安定になるとその通貨の価値は下がります。通貨価値が下がると経済的に不安定になり、国家は国民の預金を封鎖。そこから恐慌が発生。全世界へと不況が蔓延します。(参考:2015年のギリシャショックなど)

ですが、ビットコインの導入により、そのような政治的リスクを回避することができ、より安定した経済活動が可能となります。

実際、2013年3月に起きたキプロスの預金封鎖時には、大多数の人々は銀行口座からお金を引き出すことはできなくなりましたが、ビットコインを保有していた人たちは難を逃れることができました。(この事件のあと、ビットコインの価格は急騰します。)

 

ビットコインの価値

 

ここまで見て頂いたら、ビットコインがとても魅力的なものに見えてきたことでしょう。

では、ビットコイン自体の価値はどうやって決まっているのでしょうか?

ビットコインの価値は需要と供給のバランスで決まる

ビットコインは価値を持った通貨です。単位はBTCで表されます。

ちなみに最小単位は1億分の1BTC。これには名前がついていて、1Satoshiというぞ。すなわち0.00000001BTC=1Satoshi じゃ。

ビットコインの価値(日本円に直すといくらか)は、株式と同じように欲しい人と売りたい人のバランスで決まります。

ビットコイン取引所では「ある値段でどれだけビットコインを買いたい」という人達と「ある値段でどれだけビットコインを売りたい」という人達が、常に注文を出しています。

この売り注文と買い注文がマッチすれば、そこでビットコインの売買が行われます。ある時点で一番取引量が多い価格帯が、その時点のビットコインの価格となります。

この価格決定の仕組みは、普通の通貨と同様ですね。

先に書いたように、経済危機などで政府発行通貨の価値が下がると、ビットコインを欲しがる人が多くなるため、価格は高騰する傾向があります。

経済危機が起こると日本円の価値が上がるのと似たようなもんじゃな。

直近7年でビットコインの価値は約200万倍に

2017年5月16日現在、ビットコインを円換算すると、1BTC=207,000円です。2010年、ビットコインの運用開始時は、およそ1BTC=0.09円 で取引されていました。

単純計算すると7年で約200万倍になっています。

キプロス事件、ギリシャショック等、数々の経済的不安を経て、ビットコインはその価値を認められていったんですね。

ピザ1枚20億円!?

これは余談になりますが、ビットコインを用いた世界最初の取引は、2010年にアメリカのフロリダ州で「ピザ1枚を10,000BTCで売って欲しい」と言うものでした。

当時のレートでは約900円(1BTC=0.9円)ですが、これを2017年5月現在のレート(1BTC=200,000円)に直すと約20億円となります。

このエピソードからも、ビットコインの価値が認められて来たということがわかるな。

 

 

ビットコインの購入、取引

ここからは実際にビットコインをGETする方法をまとめます。
ビットコインを手に入れる手段は大きく分けて2つあります。

  • ビットコイン取り扱い業者からの購入
  • マイニング(発掘)と呼ばれる行為をして、新規発行されたビットコインを入手する

ここでは、販売業者から購入する方法について解説します。

販売業者から日本円で購入

2017年5月16日現在、ビットコインを購入できる取扱業者のうち、日本語で操作ができるものは何種類かあります。このうち、スマートフォンのみで比較的簡単に購入することができる業者が

BitFlyer
Coincheck

の2つです。

詳しい登録の仕方はこの記事を参考にしてください。
“ビットコインを買ってみた”

準備中です。。。

 

株式やFXのように差益を狙うことも可能

ビットコインの既存通貨に対する価格は、様々な要因で常に上下しています。そのため、安い時に買って値段が上がったら売る。または値段が高い時に空売りして価値が下がったら買い戻す。など、株式やFXのように売買して差益を得ることが可能です。

このように売買に伴う差額で得た利益をキャピタルゲインといいます。

ただ、ビットコインでキャピタルゲインを狙うことはおすすめしません!

値段の乱高下が激しく安定しないため、数時間〜1日単位では狙った方向に相場が動くことはまずありません。

長期的には価値が上がっていくと予想されるビットコインですが、投機(短期間に売買して差益を得ようとする行為)の対象とするのは難しいでしょう。

“ビットコインでFX取引をしてみた”

準備中です。。。

 

ビットコインの保管、送金

ビットコインの買い方はわかりました。ですが、買ったビットコインを保管しなければなりません。現実世界のお金でしたら、財布に入れて持ち運んだり、金庫に鍵をかけて保管することができるのですが、電子データであるビットコインはどのように保管されているのでしょうか。

公開鍵暗号方式

ビットコインの保管について理解するには、現代インターネットで使われている暗号技術である公開鍵暗号方式を少し勉強する必要があります。

ある文章を別の文章に変換することを暗号化するといい、その変換ルールのことを鍵(key)と呼びます。

例えば”こんにちは”という文章を暗号化して”さぬあつひ”と変換したとします。この時、”五十音で1文字ずらす”という操作が鍵となります。

通常の暗号では、暗号化する鍵と元に戻す(復号する)鍵は同じです。これでは、まず先に暗号化するための鍵を相手に送らなければいけないので、その時に鍵を盗まれるリスクがあります。

ところが公開鍵暗号方式では、暗号化に使う鍵と復号に使う鍵が異なります。

鍵を盗まれるリスクがないってことじゃ。

暗号化使う鍵を公開鍵(public key)、復号に使う鍵を秘密鍵(Private key)と呼びます。名前の通り、公開鍵は世界中に公開する鍵、秘密鍵は自分しか知らない鍵です。公開鍵と秘密鍵は2つで1セットとなっております。

暗号通信をしたい人は、自分の公開鍵を世界中に公開して、自分宛ての通信を自分の公開鍵を使って暗号化して送信してもらいます。

公開鍵で暗号化した文章は、対応する秘密鍵でしか複合できません。また、秘密鍵で暗号化した文章は、対応する公開鍵でしか復号できません。つまり、秘密鍵をバラさない限り、自分宛ての通信が誰かに解読されることは無いのです。

また、秘密鍵で暗号化した通信は、対応する公開鍵でしか復号できません。自分の公開鍵で復号できる通信を遅れるのは、秘密鍵を他の人に知られない限り、自分だけとなります。
つまり、この通信を送っているのは確かに自分であるという証明をすることも可能なのです。これをインターネットの世界では署名といいます。(厳密には署名は少し違うのですが、ビットコインを使う上では不要な知識です)

暗号通信をする上で最も大事なことは、秘密鍵を他人に知られないということなのです。

秘密鍵を解読するには、大型のスーパーコンピューターをフル稼働させても数百年かかると言われているぞい

公開鍵暗号についてもっと知りたい人はこちらの記事がオススメです(外部)

公開鍵暗号方式 (public key encryption system)

 

公開鍵=口座番号、秘密鍵=暗証番号

ビットコインは”ウォレット(Wallet)“という場所に保管されます。ウォレットは誰でも何個でも簡単に作ることができます。ウォレットを作成すると、公開鍵(Public key)秘密鍵(Private key)という2つの文字列がもらえます。

ビットコインをあるウォレットの公開鍵宛てに送信すると、そのウォレットにビットコインを入金することになります。

ウォレットからビットコインを引き出すには、秘密鍵を入力しなければなりません。もし、秘密鍵をなくしてしまった場合、そのウォレットからは永遠にビットコインを引き出すことはできなくなります。

このウォレットの公開鍵と秘密鍵は、普段私達が使っている銀行の口座番号と暗証番号の関係に非常によく似ています。

誰かの口座にお金を振り込む時は、その人の口座番号を指定して、入金しますよね。でも、その口座からお金を引き出せるのは、口座に対応した暗証番号を知っている人だけです。

秘密鍵は死ぬ気で守り通せ

見出しの通り、ビットコインウォレットを扱う場合は秘密鍵は死ぬ気で守り通す必要があります。秘密鍵を失う=ビットコインを失うと考えてください。

秘密鍵を他人に知られたら、ウォレット内にあるビットコインを自由に取り出されてしまいます。

秘密鍵を紛失したら、そのウォレットからは永遠にビットコインを取り出すことはできません。

ワシらが普段使ってる銀行の場合は、暗証番号を忘れても再発行してくれるが、ビットコインには銀行に当たる機関が存在しないのじゃ。全て自己責任で管理しなければならんということじゃな。

ちなみに、ビットコインを他人に送金する際も秘密鍵の入力を求められます。
“ビットコインを実際に送金してみた”

準備中じゃ。。。

 

秘密鍵が確認できないウォレットも存在する

なお、BitflyerやCoincheckで作成できるウォレットでは秘密鍵を確認することはできません。これらのウォレットの秘密鍵は販売業者が管理しています。

これらのウォレットからビットコインを引き出すには、各業者のサイトにIDとパスワードを入力してログインする必要があるため、秘密鍵を使わなくてもセキュリティが保たれるからです。

ただし、販売業者の顧客情報が流出した場合や、業者内部の人間が不正を働いた場合はビットコインを失うことになります。秘密鍵を自身で管理していればこのようなリスクとは無縁ですので、大量のビットコインを保管する場合は秘密鍵を確認できるウォレットを使いましょう。

ウォレットの種類や特徴はコチラの記事にまとめてあります。
“ビットコインウォレットの種類別の特徴”

準備中じゃ。。。

ビットコインの安全性

世の中にはハッカーと呼ばれる、サイバー犯罪を行い他人の財産を盗むものがいます。彼らがビットコインの取引を捏造する可能性はないのでしょうか?

ビットコインを使う人みんなが不正を監視している。

先ほどちらっとBit博士が言っていましたが、ビットコインには中央銀行にあたる機関が存在しません。
普通の通貨であれば、発行国の政府や中央銀行がしっかりと管理・監視をして、不正が起こらないようにしています。

1万円札を勝手にコピーすると逮捕されるじゃろ? あれは発行国である日本政府がきちんと法整備をして、通貨を管理している証拠なんじゃな

発行国・中央銀行が存在しないビットコインは、ビットコインを保有する一人ひとりが不正を監視します。
ビットコインウォレットには、取引の全てを記した台帳が同時に格納されています。この台帳は世界中のコンピューターに同期され、常に正しいかどうかを確認されています。
ですので、ある人が勝手に台帳を書き換えて自分のビットコインを増やしたとしても、他の世界中の台帳ではビットコインの数は増えていないため、その人がずるをしたということが簡単にバレる仕組みになっています。
もし、本気で台帳を書き換えようと思うならば、世界中に数億台と存在するコンピューターの台帳を、全て同時に書き換えねばなりません。そのようなことは恐らく不可能でしょう。
このあたりの詳しい技術は下記を参考にしてください。

理系の君ならビットコインの凄さがすぐに分かるだろう

準備中じゃ。。。

ビットコインの発掘(マイニング)

ビットコインの発掘と聞くと、まるでビットコインが地中に埋もれているような印象を抱くかもしれません。でも、あなたのその印象はおおかた正しいのです。

ビットコインは現実の金みたいなもの

ビットコインの採掘は、現実の金(きん)と比べてみるとイメージがしやすいかもしれません。現実の金は、地球上で埋蔵量が決まっており、発掘されることによって世の中へ出回ります。掘り続けていけばやがて採れる量も少なくなり、全て掘り尽くした後は需要に応じて希少価値が高まっていきます。また、金はあらゆる金属の中で、最も化学反応しづらいので、ほぼ永久に存在すると考えられています。

金が古来から価値あるものとされてきた理由は

  • 見つけるのが難しい
  • 希少性がある
  • 安定性がある

からなのです。

ビットコインは採掘されて、初めて世界に出回る

ビットコインも現実の金と同じように、採掘されて世界に出回ります。また、採掘されるたびに徐々に発掘量が少なくなり、ある一定量を掘り出されるとそれ以上は新規発行されないように初めからプログラムされています。

現実の通貨では、国家が経済状況に応じて発行量をコントロールしています。ですが、通貨の発行量を増やしすぎるとインフレが発生し、あっという間にその通貨の価値はゼロになってしまします。

政府が紙幣を刷りまくったせいで、通貨がインフレして価値が無くなった事例は世界にいくらでもあるぞい。最近では2000年代後半に発生したジンバブエ・ドルのケースが有名じゃな

ビットコインは初めから総量が決まっているため、インフレすることもなく、掘り尽くした後は希少価値が高まっていきます。ただし、どれだけ価値が高まったとしても、ビットコインは1億分の1単位で決済することが可能であり、その最小単位はプログラムの変更(ビットコイン参加者の過半数の合意が必要ですが)でいくらでも小さくできるため、決済上の不便が出てくることはないと思われます。

ビットコインの採掘とは、取引記録の承認作業

もちろん、電子通貨であるビットコインを実際にツルハシで掘るわけではありません。

ビットコインの採掘を簡単に説明するならば、取引記録の承認作業です。ビットコインの取引記録は捏造が簡単に出来ないように、世界中のコンピューターで計算して、常にその取引が正しいかどうかを計算しています。詳しい技術的な話は省きますが、この承認作業を行い、一番最初に正しい答えを出したコンピューターのウォレットに、新規発行分のビットコインが振り込まれます。

この一連の流れをマイニング(Mining)といいます。

詳しい技術的な話が知りたい方はコチラ

理系の君ならビットコインの凄さがすぐに分かるだろう

準備中じゃ。。。

みんなで協力して採掘するマイニングプール

上記では、一番最初に正しい答えを出したコンピューターのウォレットに新規発行分のビットコインが振り込まれると書きました。ビットコインの採掘者は数多くいるので、素早く計算しないとライバルにビットコインを取られてしまいます。

このビットコイン採掘競争に勝つためには、ライバルより多くの計算能力を持ったコンピューターを導入しなければなりません。

そこでマイニングプール(Mining Pool)という集団が登場します。
彼らは出資者を募り、莫大な計算能力を持ったコンピューターを購入して、採掘されたビットコインを出資額に応じて配当します。
2017年現在、一回の新規採掘で得られる発行額は12.5BTC、日本円に換算すると約260万円です。
これだけの額が採掘できるので、出資者に配当することが可能なのです。

ちなみに、採掘者の割合は全て公開されており、こちらから確認することが出来ます。

Bitclub Networkは日本語対応

2017年5月現在、日本語で新規登録ができるマイニングプールにBitclub Networkがあります。
Bitclub Networkのシェアは以下のようになっております。BitClub Networkのシェアは3.1%
これだけ見ると少なく見えますが、じつはそうでもないのです。
まず、1位のAntPoolと2位のBitfuryですが、彼らはPC部品メーカーです。「自社のPC部品を使えばこんなにもビットコインが掘れますよ〜」
と、宣伝のためにマイニングに参加しているのです。
彼らが本気を出してビットコインを掘ってしまうと、他のマイニングプールが諦めて採掘をやめてしまうので、彼らの儲けが少なくなってしまいます。また、承認作業であるマイニングの大部分を1つの事業者が行うと、不正を働くことが出来てしまうため、ビットコインの価値が下がってしまいます。これは結果的に彼らの利益を減らすことになります。ですから、AntpoolとBitFulyのシェアがこれ以上伸びることはないでしょう。
そして日本語登録が可能なBitClub Networkは、これら2つのマイニングプールと業務提携をしており、優先的に部品を供給してもらえることになっています。よって、今後も少しづつシェアを伸ばしていくことが予想されます。
(ちなみにですが、アメリカからの新規受付は終了しています)

 

 

まとめ : ビットコインには希望が詰まってる

以上がビットコインについての概要になります。ビットコインについては使い方、使われている技術から根本の思想まで、まだまだ語り尽くせないことがたくさんあります。気になった方は参考書籍がたくさんありますのでそちらもぜひ一読してみてください。

最後に、夢が膨らむビットコインについて解説した動画を載せておきます。お時間ある方はぜひご覧ください!