ビットコインとアルトコインの違いは何なのか。

Sponsored Link

どうもアザラシのPythonだよ。

今日に至るまで本当にたくさんのコインが世の中に誕生しているね。ビットコインはもちろん、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、他にもいろんな企業や業界でコインが作られたり、一部のギークたちが自分たちのコインを作ったりしており、世の中にはコインが溢れかえっているね。

その中でアルトコインというものがある。しかし、アルトコインというコインを買える取引所はない。一体アルトコインとは何なのか解説するよ。

Sponsored Link

アルトコインの定義。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことだ。

以上。記事終了。

 

 

 

 

 

アザラシジョークだよ!っはっはっは。

もうちょっと付け加えるよ。

アルトコインはビットコインをちょっと進化させたもの。

ビットコインが構想され、実際に構築されて、プログラムを仕組みも全部世の中の公開されているね。ビットコインとは、ブロックチェーンという技術を最初に導入したもので大きな衝撃を与えたとともに、完璧ではないんだ。仕組みとしてね。

例えば、取引回数が一秒間に6回ほどしかできない。(ちなみに、クレジットカードの一つの会社だと一秒間に2000回は余裕で取引できるようだ。)

となるとだよ、実際に通貨として世の中に広がるのはまだまだ改良が必要ってことさ。実際、8月にはビットコインがビットコインキャッシュに分裂したね。11月にもまた分裂が騒がれている。

そうビットコインは未完全なものなのだよ。これは覚えておいてね。完璧なものではない。

それに気付いた賢い人たちが、「じゃあ、ビットコインの仕組みをベースに新しい通貨を開発しよう!」ってな感じでどんどん新しい通貨でてきたってことさ。

アルトコインを英語で書くとAltaCoin

英語でアルトコインを書くと、AltaCoinになる。Altaだけを調べても意味が出てこないのだが、「Alternative」という英単語からきていると思われる。

Alternativeの意味は「代替の、代わりの」といった意味だ。

なので、アルトコインとは、「ビットコインの代わりのコイン」という認識でいいと思うよ。

Sponsored Link

アルトコインの定義はビットコイン以外のもの。

アルタコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のこと。

これだけ覚えておこう!

注目のアルトコイン最新記事じゃ。

Bit博士

まだビットコインを持ってないだって? そんな君はまずは好きなのを選んで登録してみよう!

  • BitFlyer セキュリティー面では最高品質。まずはここじゃ!保証制度もあるぞ。
  • CoinCheck わかりやすさNo.1!多くのコインを取り扱い。
  • Zalf 国内最多のコインを扱っておる。マニアックなコインを扱っておるぞ!

 

日本ではまた取り扱いのない通貨を手に入れたい君はBINANCEがおすすめじゃ。

 

ビットコインが半永久的に手に入るBitClubに参加しよう!

BitClubのシステムの解説こちらから。

ビットクラブ

BitClubのおすすめプランの解説こちらから。

ビットクラブ

始めたい方、ご質問がある方は、お問い合わせフォームまでお気軽にどうぞ!

Facebookでも情報を流しておるぞ! いいね!待っておるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)